敏感肌な人向けの化粧水や下地のおすすめとは?

季節の変わり目には肌をいたわっています

 

私は10代のころから脂性でありながら、肌が弱い敏感肌でもあるのです。

 

特に今のような季節の変わり目は、目尻や口角付近、顎の周りがガサガサします。

 

 

 

放っておくと鼻の周辺は皮脂でテカテカになり、目尻、口角、顎の周りは粉を吹いた肌になります。

 

ですので季節の変わり目は、特に念入りにスキンケアをします。

 

この複雑な肌が落ち着くまでは、ファンデーションやベースメークは控えます。

 

 

 

まず洗顔は、しっかりと泡立てて泡で丁寧に洗顔します。

 

次に化粧水ですが、ドラッグストアなどで購入できる化粧水をたっぷり肌に浸透させます。

 

肌が冷たく感じるまでしっかり潤わせます。

 

 

 

その後にいつも使っている基礎化粧品の化粧水を、丁寧に肌につけていきます。

 

基礎化粧品は肌に浸透するまでに3分かかると言われていますので、3分待ちます。

 

 

 

次に美容液を丁寧につけて3分間、続いて乳液と続きます。

 

 

 

最後にダメ押しのスキムミルクなのですが、これもドラッグストアで購入できるもので

 

肌にふたをするつもりで丁寧につけていきます。首筋や鎖骨付近にもつけていきます。

 

 

 

出かけるときは、少し肌を落ち着かせてから、敏感肌用の日焼け止めをつけます。

 

花粉や黄砂が落ち着くまでは、日焼け止めだけにして眉毛を整えて外出します。

 

 

 

外から帰ったら、すぐにクレンジングで顔についた花粉や黄砂を落とし

 

洗顔から乳液まで済ませて肌を落ち着かせます。

 

敏感肌な人向けの化粧水アナヤスや下地

 

これから春になり温かくなりますが、油断できないのが紫外線です。

 

まだ3月ですが、うっかり日焼け止めを忘れると肌が真っ赤になります。

 

肌が敏感な人は「日焼けには少し早いかな」と思うくらいから日焼け止めを使うのが良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ