敏感肌と上手く付き合ってスキンケアを楽しむためのポイント

敏感肌と上手く付き合ってスキンケアを楽しむためのポイント

 

体質の変化などに伴い、大人になってから敏感肌に悩む女性は意外と多いものです。

 

私は30代を迎えてから肌がとても敏感になったので、スキンケアを工夫してます。

 

敏感肌だと人よりも肌が荒れやすかったり、化粧品選びに苦戦しやすかったり、気候や湿度などの変化に弱いことも多いです。

 

敏感肌の人がスキンケアを行うにあたっては、低刺激性のアイテムを選ぶことが大切です。

 

価格の安さやブランドイメージだけで安易に製品を選ばずに、なるべく無香料や無添加など肌に優しいアイテムを選ぶようにしたり、可能な場合には事前にサンプルを試したり、少容量サイズのボトルやトライアルキットから製品を使うようにするとおすすめです。

 

敏感肌だからといって何もスキンケアをしないのは却って逆効果です。

 

肌が乾燥し、保湿が不足してしまった状態だとますます肌のバリア機能が低下してしまい、敏感肌が悪化してしまったり、肌荒れやかゆみを招きやすくなるからです。

 

最近は敏感肌向けのスキンケアラインを設けている化粧品メーカーも増えてきているので、肌がデリケートな人は敏感肌用の基礎化粧品を使うのも効果的です。

 

私は敏感肌なので、バラベンやアルコールなどが使われていない無添加のスキンケアを愛用しています。

 

また、肌が繊細な人は紫外線によるダメージや影響も人一番強いので、敏感肌な人こそ紫外線対策には力を入れることも大切です。

 

普段から日焼け止めクリームを使ったり、帽子や日傘で上手く紫外線を防ぐことが欠かせません。

 

日焼け止めクリームといえば敏感肌な方にとっては肌が荒れやすいイメージが持たれがちですが、赤ちゃんでも使える成分が優しいものを選んだり、それほど強力ではないアイテムを選ぶと安心です。

 

SPFが低くてもこまめに塗り直せばきちんと効果がありますし、外出時間や季節に応じて日焼け止めクリームの強さを使い分けるのもおすすめです。

 

私は普段はSPF30程度の肌に負担がかかりづらい日焼け止めクリームを愛用してます。

 

また、敏感肌な人は普段から肌に触れるものを常に清潔に保つ必要があります。

 

寝具や衣類や髪など、肌に悪影響が出ないように考慮したり、人によってはネックレスやイヤリングなども肌状態に影響することがあるので、金属など素材を見直すことも大事です。

 

毎日枕カバーを洗濯したり、タオルやシーツや枕カバーは肌触りが良い天然素材のものを使うなど、敏感肌のために寝具も全部買い換えました。


ホーム RSS購読 サイトマップ