敏感肌な人向けの化粧水や下地のおすすめとは?

敏感肌の基礎化粧のコツは、どこまでも優しく…です。

敏感肌な人向けの基礎化粧法とは

 

敏感肌を侮ると大変なことになります。

 

私はこの敏感肌のせいで長い間悩まされてきました。

 

私の場合は乾燥タイプの敏感肌なので、ニキビとかの吹き出物はできませんが、皮脂が少ないせいで、少しの刺激(たとえば花粉、埃など)ですぐに顔が痒くなります。

 

ですからそれらの異物が顔に付くのを防ぐためにも化粧はぜったい必要なのですが、その化粧品が合わないと、とんでもないことになるのです。

 

まずは化粧水。

 

これは肌に一番最初に付けるものなので特に気を遣っています。

 

敏感肌用の化粧水の中でも自分に合ったものを慎重に選ばないと、皮膚に沁みて痛いです。

 

痛いだけならまだしも、酷い場合だと赤くなって腫れてくるのです。

 

その化粧水を掌にとり、優しく顔に押しつけます。

 

次はエイジングケア。

 

乾燥肌はシワになりやすいので、特に目元のエイジングケアには気を付けています。

 

専用のクリームで目元の下から目尻にかけて、ソフトにリフトアップ。

 

顔全体もエイジングローションで優しくリフトアップ。

 

とにかくタッチは優しくソフトに…これが基本です。

 

エイジングケアの次は乳液で肌を整え、日焼け止めクリームを塗れば基礎化粧の段階は終了です。

 

このあとファンデーションを塗るのですが、私の場合こすると肌が痛むので、パフを使っていますが絶対にこするということはしません。

 

パフにファンデーションをとると、少しづつ皮膚に置いて軽くたたくように皮膚に馴染ませます。

 

ファンデーションを塗るというよりも、点描のように置いていくという感じです。

 

敏感肌でも安心して使える、アナヤスの化粧水


ホーム RSS購読 サイトマップ